iPhoneとAndroidを両方充電できるケーブルを紹介!充電できる機種一覧についても

商品紹介

私は普段、スマホを2台持ちしています。(AndroidとiPhone)

それぞれで役割を使い分けできるので便利なのですが、Android端末用の「micro USB」のケーブルと、iPhone用の「Lightning USB」のケーブル、2種類の充電ケーブルを持ち歩かなければならないため、たまに煩わしく思うときがあります。

そんな中、100円ショップの「ダイソー」にて、非常に便利な充電ケーブルを発見しましたので紹介していきたいと思います。

 

※申し訳ございませんが、本製品を使用して不具合、故障した場合の責任を取ることは出来かねますので、使用は自己責任でお願い申し上げます。

ケーブル1本でAndroid、iPhoneの両方充電できる!

それがこれです。

「充電・通信ケーブル」!!(まんまですね)

   

よくあるのは、例えばiPhoneの接続端子に「変換アダプタ」のようなものを取り付けて、「micro USB」の充電をできるようにする。というタイプのものなのですが、

このケーブルは「変換アダプタ」は必要なく、そのままAndroidでも、iPhoneでも差し込むことが出来ます。

なんと、充電差込口の向きを変えることによって、Androidの充電、iPhoneの充電ができるという仕様になっているのです。

すごい仕組みですよね!!
ちなみに私の手持ちの端末は全て充電できることを確認しました!

iPhoneの充電(Lightning USB)の場合の充電端子

iPhoneの場合は以下のように、ケーブル先端に「i」という文字が書かれている方を上にして差し込みます。

Androidの充電(micro USB)の場合の充電端子

Androidの場合機種によって向きが異なります。

micro USB端子は穴の形が台形になっていますが、
台形の上底側に、「A」という文字が書かれている方が来るように差し込みます。

充電できる機種一覧

メーカーの公式情報と、私が試して問題なかった機種について記載していきます。

メーカー公認の機種一覧

以下のURLから公式の「適合機種」の一覧が記載されています。

充電・通信ケーブル(片面接触タイプ)USB≫ライトニング端子/micro-B端子 適合表

Apple製品に関しては、

  • iPadは使用不可
  • iPhone4等、Lightning USB以前の形状になるものは使用不可

と記載されているのでiPhone5以降の端末であれば、「公式に」問題なく使用できるということですね。

Androidに関しては、「シャープ」「HTC」「SONY」の機種しか記載されていないため、
記載されていない機種に関しては「使用しても問題無いが、自己責任」という扱いになってしまうのだと思います。

(ちなみに私は記載されていない機種でガンガン使用していますが、今のところ不具合なく使用できています。)

実際に充電できるか試した端末

私の手持ちの端末で充電が確認できたのは、以下の端末になります。
参考までに。

  • iPhone7
  • ZenFone Max Pro (M2) 
  • Galaxy A7

micro USBであればAndroidじゃなくても充電可能

まぁおそらく大丈夫だとは思っていましたが、充電がmicro USBの製品であれば、Androidじゃなくて充電可能でした。

以下は私のワイヤレスイヤホンですが、問題なく充電されています。

(ただし、こちらも製品としては当然「適合機種一覧」の対象ではないため、何か不具合や故障が発生した場合は自己責任、ということになりますね。)

充電以外にデータ転送も可能!

このケーブル、なんと充電だけでなくPCと接続してデータ移動することも可能です。
(iPhoneの場合は、iTunesとの同期も確認できました!)

Androidでデータ移動してみましたが、接続が不安定になることもなく完了してくれました!

この機能性で100円ってすごいですよね。。
さすがダイソー…

あくまでも使用は自己責任

ということで1本あれば何でもござれのこの充電ケーブル。私は常用しようと考え3本購入させて頂きました。

ですが、私はほぼ「適合機種一覧」以外のものに使用している状況です。

「適合機種一覧」以外にこのケーブルを使用し、製品に不具合や故障が発生した場合、「保証適用外」だと受けて入れた上で使用しておりますので、何かあっても「自己責任」ということについてはご理解頂ければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント