【モブに厳しい世界】アンジェリカは結婚する?子供や能力についても解説

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」

に登場する2大ヒロインの一人「アンジェリカ・ラファ・レッドグレイブ」

通称「アンジェ」。

本来であれば、乙女ゲーに登場する悪役令嬢として登場し、悲惨な末路を辿ることになるキャラクターでした。

しかし、主人公のリオンが転生してきたことで物語の筋書きが変わり、ヒロインとして活躍していくことになります。

物語が進むに連れてリオンと共に行動することが増えますが、その後二人の関係は進展していくのでしょうか?

アンジェの基本情報も含め、以下より解説していきます!

単行本以降のネタバレを含みます。

モブに厳しい世界アンジェリカの基本情報

以下より、アンジェの基本情報を記載していきます。

アンジェは厳格で激情家だが、優しく面倒見が良い

アンジェは乙女ゲーに登場する「悪役令嬢」の役割を持つ、スタイル抜群な美人です。

レッドグレイブ公爵家の令嬢であり、幼少期より婚約者が決められている程の厳格な家庭に生まれました。

アンジェは婚約者である「ユリウス」のために生きてきましたが、ユリウスが突然現れた「マリエ」という女性に好意を頂いてしまったことで、嫉妬や焦りといった感情を抑えられず「激情家」の一面が目立ちます。

 

物語序盤だけを見ると、ユリウスの恋路を一方的に邪魔する嫌なキャラクターになってしまっていますが、実際は男性蔑視が激しい世界観の中では珍しく、男女平等の精神を持った人物です。

また、差別の対象であった平民上がりのヒロイン「オリヴィア」に対しても露骨に見下すような態度を取るようなこともありませんでした。

リオンの活躍によってユリウスとは決別することになりますが、自らの行いを顧みて反省したことで人間としての成長を遂げていきます。

以降はリオン、オリヴィアと仲良くなりますが、短所であった「視野の狭さ」「激情家」の面が薄まり、面倒見が良く優しい面が強調されて描かれてようになり、より魅力的なキャラクターになってくれています。

アンジェの能力

この作品には「魔法」という概念が存在し、アンジェは「炎」を操る魔法を扱うことができます。

元々使いこなすことはできていなかったようですが、リオンからプレゼントされた「武運のお守り」によってステータス成長や適正が上がり、「ファイアランス」という大きな炎の槍を操る技まで習得しました。

ファンオース公国の襲撃を受けた際に、「リオンの敵を倒したい」という思いに連動するかのように技が発現させ、多くのモンスターを倒しています。

「曲がったことが嫌い」「男前」なアンジェの性格は、「炎」のイメージと合っていて非常にしっくりきますね。

(この世界の魔法は性格に依存するのかもしれません。)

アンジェは結婚する?

アンジェは転生してきたリオンに窮地を救われたことをきっかけとして、リオンと親しくなっていきますが、最終的にリオンと関係は進展していくのでしょうか?

アンジェはリオンと結婚する!

結論としては、アンジェはもう一人のヒロインである「オリヴィア」と一緒にリオンと結婚することになります。

(夫となるリオン自体に結婚の意思はなかったのですが、リオンが家族にハメられた形での結婚となりました。)

それでもアンジェ自体は不満に思うことはなく、「稼ぎがない」と結婚を渋るリオンに対し、「私が養ってやる」と答えるほど男前なセリフを言っていました。

その後、物語が進むにつれてリオンの結婚相手やその候補は増えていくのですが、アンジェ自体はそれに対して思うところはありつつも、リオンの好きなようにさせることを方針としています。

(第一夫人としての余裕が感じられますね。)

アンジェとリオンの子供はいる?

アンジェとリオンは物語の中盤で結婚するのですが、その後子供は生まれたりするのでしょうか?

これについては、すでに完結した「なろう小説」の原作では明らかとなっており、最終話のエピローグという形で「アンジェに似た可愛い女の子」がいると説明されています。

(その他、もう一人のヒロインであるリビアのことを「ママ」と呼ぶ男の子も確認できました。)

直接的な表現ではありませんでしたが、このことからアンジェとリオンの間に子供が生まれていることが分かりますね。

ただし、あくまでも「エピローグ」の話であるため、生まれた子どもたちが物語自体に関わることはなく、名前も明かされていません。

リオンとそれに関わるヒロインたちが「ストーリーが終わった後も元気でやっている」ということを描いただけの単なる「おまけ」として捉えるくらいで良いと思います。

書籍版での子供の有無はまだ不明

ちなみに、上記の子供の有無についての話は、なろう小説の「原作」についての話になります。

書籍版として発売されている小説では、原作小説に加筆や構成変更が行われながらまだ完結していない状態になります。

そのため、書籍版については現時点だと「分からない」ということになります。

書籍版の売上が好調のまま続いていけば、子供の登場のみならず、今度は子供を主役にしたストーリーが展開されたりすることあるかもしれませんね!

まとめ

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」のヒロイン「アンジェ」について紹介しました。

まとめると、

・アンジェは「悪役令嬢」として登場し、序盤は激情家な一面が目立つが、以降は優しく面倒見の良い部分が強調されて描かれるようになる。

アンジェは炎の魔法を使うことができ、多くのモンスターを倒す事ができるほどの戦闘能力を持っている。

・アンジェはリオンと結婚し、物語の最後では子供も生まれている。ただし、書籍版では子供が生まれるかどうかはまだ分からない。

という感じですね!

「モブせか」のコミカライズ版は絵がうまくて面白いです↓

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですを安く買う方法!無料で読めるかも紹介!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント