ワンピースウタは死亡した?死亡シーンや生存の理由を紹介!

ONE PIECE

2022年8月6日公開の「ONE PIECE FILM RED」に登場する歌姫「ウタ」

本作REDでは「ウタ」と「シャンクス」が重要な立ち位置を担うキャラクターとなっていました。

そんなウタですが、映画の最後で、ウタが死亡したと思われるような描写がありました。

しかし、作中で「明確に死亡した」と断言はされていないため、ウタの生死については色々な考察がされています。

以下より、ウタの「死亡説」「生存説」をそれぞれ紹介していきます。

以降、「ONE PIECE FILM RED」の重大なネタバレを含みます。

ワンピース|ウタの死亡シーン(ネタバレ有り)

まず、映画最後のウタの死亡シーンから紹介していきます。

 

映画中盤、ウタは封印された魔王を呼び出しますがウタの暴走を止めるために赤髪海賊団が登場。

魔王を倒すことに成功した後、ウタは暴走を止めてくれたシャンクスにお礼を言い、和解。

しかし、その場にいた海軍「黄猿」「藤虎」は世界的犯罪者となったウタを捕らえようとします。

シャンクスは圧倒的な「覇王色の覇気」で海軍を退け、衰弱しきったウタを船に乗せて出航しました。

物語の最後、意識を失っているウタを台座(棺桶?)の上に乗せ、赤髪海賊団のメンバーが鎮痛な面持ちで取り囲む描写が流れ、映画終了となります。

このとき、ウタの表情は描写されませんでした。

ウタの死亡説と理由

まず、ウタ死亡説として挙げられている理由を紹介していきます。

ネズキノコを食べている

ウタは「ウタウタの実」の能力を使い、歌声を聞いた人を精神世界「ウタワールド」に閉じ込めることができます。

しかし、この「ウタワールド」はウタ自身が眠ってしまうと終了してしまうため、ウタはそれを防ぐために「ネズキノコ」を食べていました。

この「ネズキノコ」は食べると眠れなくなる性質を持っていますが、「食べたものは数時間で死亡する」と説明されています。

「ウタ死亡説」としては、「死ぬ」と明言されているこの説が有力でしょうか。

シャンクスから渡された薬を飲むのを拒否している

シャンクスと再会後、能力の多用とネズキノコの影響により弱ってきたウタ。

シャンクスはウタに薬を渡して飲むように伝えますが、ウタはこれを拒否します。

ウタワールドに閉じ込められた人を解放するために「世界のつづき」を歌いあげました。

映画特典「巻40億」では「世界のつづき」の説明に「辛いからもう夢の世界に行かせてほしい」というウタの心情が説明されていました。

(「夢の世界」というのは「ウタワールド」のことですね。)

「薬を拒否した」というのは「現実世界で生きていくことを拒否した」と言えると思います。

歌の説明を踏まえてこのシーンを見ると「現実世界でウタは死んだ」と考えるのが自然ですね。

40億巻「風のゆくえ」の説明

映画特典「巻40億」では、作中でウタが最後に歌った歌「風のゆくえ」の説明に「死にゆくウタ」と書かれています。

この後に、冒頭で紹介した「ウタの死亡シーン」に繋がっていきます。

「死にゆくウタ+本編最後の描写を見ると、やはりウタは死亡したとみる方がしっくりきますね。

さらに特典小説では最後、

「ウタの計画は失敗してそれでよかったけど、新時代を誓いあったルフィが生きていきます」

と物語のその先が説明されています。

ウタとルフィの対比の文となっており、「ルフィ生きていきます」となると、「ウタは死んだ」という解釈になりますね。

小説版では「棺桶(かんおけ)」と説明されている

「ONE PIECE FILM RED」はすでに小説版が販売されています。

小説では、最後の描写は

「船の中央にはのようなものが置かれている」
「シャンクスはウタの眠ったに背を向け」

と説明されています。

もしウタが生きているのならば、「棺(ひつぎ)」という言葉を使うのは不自然ですよね。

(一応調べましたが「棺」は遺体を納めるために使われるものです。)

赤髪海賊団が、死亡したウタを棺に寝かせたと解釈するのが普通です。

 

ウタ死亡説としてはこんな感じでしょうか。

描写や説明を客観的に見た意見が多く、信憑性に足るものが多い印象を受けます

ウタの生存説と理由

続いて、ウタ生存説について紹介していきます。

客観的な描写を見ると「死亡」の可能性が濃厚ですが、個人的な意見だと「何とか生きていてほしい」と思っています!

ウタ生存説は、同じ様に「願望」を持っている方が多いように見えました。

最後のシーンで赤髪海賊団が泣いていない

冒頭での死亡シーンでも説明しましたが、映画の最後にシャンクスたち赤髪海賊団は鎮痛な雰囲気でウタを取り囲んでいました。

誰一人言葉を発しておらず、取り乱している様子はありません。

映画中盤では、ウタの罪を被った赤髪海賊団がウタを島に置いて出航していく別れのシーンが描かれました。

そのときの赤髪海賊団は全員涙ながらに別れを悲しんでいる様子が描かれています。

過去にウタとの別れのシーンですら泣いていたシャンクスたちが、ウタが死んでしまったのに誰も泣いていないのは違和感があります。

そのため、ウタは死んだのではなく眠り続けているだけであり、シャンクスたちはウタを心配しているため鎮痛な雰囲気になっている

という考察ですね。

(言われてみれば確かにそうですね。四皇となったシャンクスはまだしも、船員が誰も取り乱していないのはおかしい気がします。)

「FILM RED」はパラレルワールドのため原作では生きている

ワンピースの映画「FILM」シリーズは基本的に「パラレルワールド」というスタンスを取っているようです。

映画はパラレルワールドであり、原作との因果関係はないために「原作ではウタは生きている」という考えですね。

確かに「FILM RED」では、ルフィが「ギア5」の姿になっていたり、ワノ国に向かっているはずのビッグ・マムがトットランドにいたりと、時系列が不明になっています。

(時系列の矛盾についてはREDに限った話ではありませんが。)

時系列の矛盾については、「原作とは関係ない世界線で起きた物語」と割り切って考えれば納得することができますね。

さらに原作の1055話にて、ウタが登場しているシーンがあります。

シルエットだけですが、特徴的な髪型がウタのように見えます。

また、シャンクスの過去回想の形で描かれていることから、ウタで間違いないと思います。

パラレルワールドとして描かれた「RED」では死亡した可能性が高いウタですが、原作の世界線では「ウタはエレジアで生存している」と考えることもできますね。

(原作での登場に深い意味はなく、シャンクスと同様「映画の宣伝のために出てきた」と捉えることもできてしまいますが…)

エンディングの新聞にある「Princess survived」

映画のエンディングで、新聞紙を読んでいる人のシーンが一瞬あります。

その新聞紙の見出しに「Princess survived」と書かれているという情報がありました。

(発見した方、すごいですね…)

直訳で「姫は生き残った」です。

これが本当なのであれば、ウタの生存説が優位になってきます。

Princessには意味は「王女」「姫」といった意味がありますが、「RED」に関連する姫を考えると「歌姫ウタ」以外には思いつきません。

「エンディングのタイミングでこの情報を出す」というのも分かりやすいですよね。

(映画を見た人が「えっ?ウタは死んじゃったの?」と困惑している中で、実は一瞬答えを提示してくれているという..なんともニクい演出だと思います。)

※今のところ、まだ未確定の情報なのですが紹介しておきます。

40億巻「夢のつづき」の説明

生存説とは少し異なり死亡説とも取れますが、個人的に好きな説です。

死亡説でも紹介しましたが、「世界のつづき」の歌の説明には「シャンクスの薬を拒否」して「辛いからもう夢の世界へ行かせてほしい」と書かれています。

ウタは現実世界では死亡してしまったが「ウタワールドの中で生き続けている」というように考えることもできます!

このように解釈すれば「ウタ死亡」が事実だとしても、ショックを和らげることができるのではないか、と思いました!

まとめ

「ONE PIECE FILM RED」の歌姫「ウタ」の死亡説と生存説について紹介しました。

色々な意見や考察が出てきましたが、まとめると

・客観的な意見や考察が多い「死亡説」の方がやや有力

・とはいえどちらの説も「確定」と言えるほどの情報はないため、どちらの説も可能性が残っている

という感じでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. うんこたろう より:

    シャンクスと一緒に破壊してたときルフィ変わってましたよ

    • moji moji より:

      コメントありがとうございます!
      やはりそうですか…!
      もう一回見てきます!!