ワンピースウタは死亡する?悪魔の実の能力や登場キャラをネタバレ紹介

ONE PIECE

2022年8月6日公開の「ONE PIECE FILM RED」に登場する歌姫「ウタ」

本作REDでは「ウタ」と「シャンクス」が重要な立ち位置を担うキャラクターとなっています。

特にウタは映画のオリジナルキャラクターであり、シャンクスとの関係が気になる所ですね。

そんなウタは最後、どのような結末を迎えるのでしょうか?

以下より、紹介していきます。

以降、「ONE PIECE FILM RED」の重大なネタバレを含みます。

 

 

ワンピース|ウタは死亡する?

結論から言うと、ウタは死亡した可能性が高いです。

(明確な描写はなく、どちらとも取れるように描いているように感じました。)

以下より詳しく紹介していきます。

ウタの悪魔の実の能力は「ウタウタの実」

ウタは「ウタウタの実」という悪魔の実の能力者です。

ウタはこの能力で、歌声を聞いた者を「ウタワールド」という意識だけの精神世界に閉じ込めることができます。

(意識を精神世界に閉じ込めるため、現実世界ではずっと眠ったままの状態となります。)

また、ウタワールドは「ウタ自身が眠る」と解除されることが分かっています。

ウタはこの能力を使って「ある目的」を実行しようとしており、これが本作のメインストーリーとなります。

ウタの目的は「海賊に苦しむ人々を救うこと」

ウタの目的は「海賊に苦しむ人々を救うこと」です。

ウタがこのような壮大な目的を持った理由に「シャンクス」が関係してきます。

 

ウタとシャンクスの出会いは「シャンクスが敵船から奪った宝箱の中にウタが入っていた」というものです。

シャンクス自身がウタと全く同じ状況でロジャーに拾われていたようで、シンパシーを感じたシャンクスはウタを自分の手で育てるようになります。

(そのため、シャンクスとウタの関係は「義理の親子」ですね。)

その後、旅を続ける中でウタを含む赤髪海賊団は、音楽の島「エレジア」に上陸。

そこでウタは悪意なく「島に封印された魔王を解放する歌」を歌ってしまい、エレジアに封印されていた「歌の魔王トットムジカ」を呼び起こしてしまいます。

魔王はウタの体を乗っ取り、島を滅ぼし始めました。

ウタが幼かったこともあり、体力の消耗と共に魔王は消滅しウタも解放されますが、結果的にエレジアは魔王によって滅ぼされてしまいました。

島を滅ぼしたのは魔王ですが、そもそものきっかけは悪意が無いとはいえ封印を解いてしまった「ウタ」にあります。

シャンクスはウタを守るため、「島を滅ぼしたのは赤髪海賊団」ということにして罪をすべて被ることを決断。

さらに、ウタのことをエレジアの国王「ゴードン」に託し、ウタを島に置いたまま出航しました。

(エレジアを滅ぼした罪を被ったシャンクスと一緒にいると、政府に追われることになりウタの身が危ないからですね。)

意識を取り戻したウタは何が起きたかを理解できないようでしたが、ゴードンより「島を滅ぼしたのは赤髪海賊団」と伝えられます。

シャンクスの真意を知らないウタは「エレジアを滅ぼした」「自分を島に置いていった」ことが原因で、シャンクス(海賊)に憎しみの感情を抱くようになります。

シャンクスに裏切られた(と思った)ウタはすっかり塞ぎ込むように。

その後、彼女は「不特定多数の人に念波を飛ばすことができる特殊な電伝虫」を偶然拾います。

その電伝虫を使って世界に歌を届け始めたウタは瞬く間に世界の人気者に。

世界中から「救われた」と感謝の声が届くようになりました。

ウタはその感謝の声の中から、「海賊に苦しめられている人々」がたくさんいることを知ります。

シャンクスに捨てられた自分も含めて、海賊に傷つけられた人を救うことが自分の「責務」だと考え歌を歌い続けるウタ。

しかし、ある日ウタはエレジアが滅んだ映像が保存されたトーンダイアルを発見し、「自分が原因で島を滅ぼしたこと」「シャンクスが全ての罪を被ったこと」を知ってしまいます。

シャンクスへの憎しみの気持ちが無くなるウタでしたが、海賊に苦しめられる人を救うために歌っていたウタはもう引き返すことはできません。

表舞台では海賊を憎み、裏では「海賊(シャンクス)に会いたい」という矛盾した感情を持ち続けなければならなくなったウタ。

加えて自分が「大量虐殺者」だった事実を受け入れられなくなったウタは現実が辛くなり「自らも救われたい」と思うようになります。

そのために大規模なライブを開催し、自らを含め全員を「ウタワールド」に永遠に閉じ込めることで、現実から逃れ精神世界で幸せになろうとしたんですね。

(ですが、このライブを開いたもう一つの目的として「暴走する自分をシャンクスに止めてほしい」という思いもあったと思います。)

登場するキャラクターたちは精神世界と現実世界でそれぞれ戦う

本作では「麦わらの一味」「赤髪海賊団」「ウタ」以外にも、多くの人気キャラクターたちが登場してきます。

人気所で言うと、「トラファルガー・ロー」「シャーロット・カタクリ」

意外な所で言うと、元CP9(現CP0)「カリファ」「ブルーノ」

「ウタ」「シャンクス」にスポットを当てた上で、さらに他のキャラクターたちを活躍させることができるのか疑問でしたが、うまく処理していたと感じました。

上記のキャラクターたちは、ウタが自暴自棄になり再び封印から呼び起こした「魔王トットムジカ」と戦うことになります。

ウタの精神世界に閉じ込められたのは「麦わらの一味」「ロー」「バルトロメオ」「コビー」「ブルーノ」「シャーロット・オーブン」「シャーロット・ブリュレ」で、共闘して魔王と戦います。

「シャーロット・カタクリ」は現実世界にて、「赤髪海賊団」と共闘する形で登場しました。

最後、ルフィとシャンクスがそれぞれ精神世界と現実世界で同タイミングに攻撃したことで魔王を倒しました。

シャンクスは覇王色の覇気を纏った剣撃で攻撃し、ルフィは戦闘スタイルを見る限り「ギア4」スネイクマンでしたが、一瞬だけ「ギア5」の姿になっていました。

原作との時系列は不明ですが、深ファンサービスで登場させたのだと思います!

ウタはシャンクスと和解し、死亡した可能性が高い

ウタは封印された魔王を現実世界にも呼び出しますが、ウタの暴走を止めるために赤髪海賊団が登場。

ウタとシャンクスは再会を果たします。

ウタは暴走を止めてくれたシャンクスにお礼を言い、和解。

しかし、その場にいた海軍「黄猿」「藤虎」は世界的犯罪者となったウタを捕らえようとします。

シャンクスは圧倒的な「覇王色の覇気」で海軍を退け、弱りきったウタを船に乗せて出航していきました。

物語の最後、意識を失ったウタを台座に乗せ、赤髪海賊団のメンバーが鎮痛な面持ちで取り囲む描写が流れます。

明確にウタが死亡したかは明らかになりませんでしたが、赤髪海賊団の様子を見る限り、死亡した可能性が高いです。

シャンクスから渡された薬を飲むのを拒否していましたし、ウタワールドを継続させるために食べていた「ネズキノコ」は「食べると数時間で死ぬ」と説明されていました。

その他、映画特典の「巻40億」では、作中で最後にウタが歌った歌「風のゆくえ」の説明に「死にゆくウタ」と書かれています。

やはり死亡が濃厚ですね。

魅力的なキャラクターだったウタが死亡するのは非常に悲しいです…

ただ、ウタが生きたままだと原作にも影響しそうなので仕方ないところかな…と思いました。

 

ちなみに、作においてルフィとシャンクスが直接出会うことはありませんでした。

ルフィとシャンクスの出会いは原作までお預けですね!

まとめ

「ONE PIECE FILM RED」の歌姫「ウタ」の結末について紹介しました。

まとめると、

・ウタの能力は「ウタウタの実」で、歌を聞いた人を精神世界に閉じ込めることができる。

・ウタの目的は「海賊に苦しむ人々を救うこと」であるが、その目的には自分も含まれている。

物語の最後にウタとシャンクスと再会し和解したが、描写的に死亡した可能性が高い。

という感じですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. うんこたろう より:

    シャンクスと一緒に破壊してたときルフィ変わってましたよ

    • moji moji より:

      コメントありがとうございます!
      やはりそうですか…!
      もう一回見てきます!!