オーバーロードアルシェは最後に死亡した?その後生存しているのかネタバレ

オーバーロード

オーバーロードに登場するワーカーチーム「フォーサイト」のメンバー「アルシェ」

貴族出身ということもあり気品のある佇まいをしていますが、表情は人形のような無機質さを感じさせます。

「フォーサイト」という冒険者チームに所属する彼女は、依頼を受けて「ナザリック大墳墓」に侵入することになりました。

アルシェは最後どのような結末を迎えるのでしょうか?

死亡するのか、生存するのかを以下より解説していきます。

以降、ネタバレを含みます。

オーバーロード|アルシェは最後に死亡した?

結論から言うと、アルシェは明確に死亡しています。

その後、復活や蘇生されることもありません。

以下より詳しく解説していきます。

シャルティアに捕縛され死亡

アルシェの属するワーカーチーム「フォーサイト」は「王国領の謎の遺跡探索」の依頼を受け、ナザリックに侵入しました。

フォーサイトの面々がナザリックを進んでいく途中でなんとアインズと遭遇。

絶対に叶わない敵と判断したメンバーはアルシェに逃げるように伝えます。

迷いながらもアルシェは戦線離脱しますが、追跡してきたシャルティアに補足されてしまいます。

逃げられないことを理解したアルシェはシャルティアに攻撃を仕掛けますが、まったく通じずシャルティアに抱きしめられます。

興奮したシャルティアは吸血鬼としての本来の姿と口調となり、それを見たアルシェは恐怖のあまり気絶。

シャルティアから苦痛なき死を与えられ死亡しました。

その後アルシェの死体は有効活用される

アルシェの死体は「有効に使い切った」とされています。

より詳しく言うと、以下の通りになります。

頭の部分   :頭飾りの悪魔(シルクハット)の一体が持ち去った

腕の部分   :亡者のもがき(デッドマン・ストラグル)が分け合った

皮膚     :デミウルゴスが持ち帰った

残った部分:グラントの子供たちの餌になった

 

「頭飾りの悪魔(シルクハット)」は「魔法詠唱者の頭部を四つ装備してその魔法を使う悪魔」ということが分かっています。

(そのため、頭だけであれば再登場する可能性が出てきました。)

「亡者のもがき(デッドマン・ストラグル)」の詳細は今のところ不明。

また、グラントは「領域守護者」で、登場したことはなく名称のみ明らかになっています。

アルシェの声はエントマのものになる

そしてアルシェの「声」はエントマのものとなりました。

オーバーロード3期の8話で、アルシェとシャルティアの一連シーン後にエントマが登場します。

エントマはアインズに「有効活用」したことを伝ました。

このとき、エントマの声がアルシェの声になっていました。

(その後のEDでキャラクターと担当声優さんが紹介されますが、エントマもアルシェも「真堂圭」さんが担当していました。

結末はアルシェの双子の妹の会話

この後、場面は「アルシェの家族」に移ります。

アルシェの双子の妹「クーデリカ」「ウレイリカ」が、アルシェの帰りを楽しみに待っているシーンです。

しかしアルシェは「有効活用」されてしまったため、妹たちはもう二度とアルシェに会うことはありません。

何とも後味の悪い結末で賛否両論があったようですが、このような無慈悲な結末もオーバーロードの魅力の一つと言えるのかしれません。

アルシェはWEB小説版では生存している

本編では慈悲もなく殺されてしまったアルシェですが、書籍のベースとも言える「WEB小説」版では生存しています。

フォーサイトの一員としてナザリックに侵入し、アインズと交戦、逃亡してシャルティアに追跡されるところまでは書籍版と同じです。

しかし、WEB小説版ではアインズがフォーサイトのメンバーの一人「ロバーデイク」に取引を持ちかけます。

その取引の内容とは、

「アルシェの命を助ける代わりに、ロバーデイク自身を人体実験の材料として提供すること」

ロバーデイクは「仲間の死体を弔う」という条件を追加した上で、取引を了承しました。

そのため、書籍版とは違いこちらではシャルティアはアルシェを殺すことはせず、気絶させるだけに留めています。

これ以降、アルシェがどうなっているかはしばらく不明のままでした。

舞踏会に出席するためアインズがアルシェを訪ねる

WEB小説版の後半、アインズはバハルス帝国で開かれる舞踏会に呼ばれ、出席せざるを得ない展開となります。

貴族としての礼儀を全く知らないアインズは、貴族出身であるアルシェに礼儀作法を教わろうと考えました。

アインズの依頼を了承したシャルティアがアルシェを呼び出しますが、そこで登場したアルシェからは「無機質な性格」の面影が無くなっていました。

アルシェはシャルティアに調教され犬になった

ナザリックに捕らえれたアルシェは、その後シャルティアの管理下でシャルティアの性癖のままに教育されることになります。

シャルティアはアルシェのことを「犬」と呼び、服を着せず「尻尾」を付けさせているとのこと。

シャルティアの前では自然に犬のように接するアルシェは、もはや無意識レベルにまで調教されてしまったことが分かります。

 

アルシェが変わってしまった原因として、「トラウマが植え付けられた」ということが挙げられます。

かつての仲間「ロバーデイク」が人体実験として肉団子にされ、尋常ではない苦痛を与えられる姿を見たアルシェは心がへし折られてしまいます。

(この人体実験がアインズとロバーデイクの話していた取引ですね。)

自分も同じ目に合う可能性があることを心の底から理解したアルシェは、「こびを売ること」を覚えます。

それ以降、シャルティアを飽きさせないように言われたことを何でもやるようにしたようです。

結果、最初は嫌だったはずのシャルティアの調教が少しづつ快感へと変わっていってしまったわけですね。

アインズが妹を保護しアルシェと再会

アインズは「邪神教団」にて、二人の少女を保護します。

アルシェはこの貴族の少女二人と対面したとき、それまで死んでいた心が生き返ったかのように感情を取り戻し叫びました。

この二人の少女はアルシェが大切にしていた妹であり、もう二度と会えないと思っていたからですね。

二人の少女とアルシェが知人であることを確信したアインズ。

アインズは礼儀作法を教えてくれた褒美を与えようと、アルシェに何が良いかを尋ねます。

アルシェは「妹たちと一緒に平和に暮らすこと」を希望し、アインズはこれを了承。

シャルティアの管理下からも外れたアルシェは、ナザリック第六階層で姉妹三人で平和に暮らせるようになりました。

WEB小説版でのアルシェは、紆余曲折ありながらも最後には幸せになることができたと言えますね!

まとめ

フォーサイトのメンバー「アルシェ」について紹介しました。

まとめると、

・アルシェはシャルティアに捕縛され、殺された。

・アルシェの死体は有効活用され、ナザリックの面々に分け与えられた。

・WEB小説版ではアルシェは生存し、結果ハッピーエンドを迎えることができた。

という感じですね!

7月29日発売のオーバーロード原作小説15巻(電子)を安く読むにはこちらがオススメです↓
オーバーロードの原作小説15巻を安く読める電子書籍サービスを紹介!

「オーバーロード」の原作小説を読んでみたい方はこちらの記事がオススメです↓
オーバーロードの小説を安く読める電子書籍サービスを紹介!

また、「オーバーロード」のコミカライズ版を読んでみたい方はこちらもオススメです↓
オーバーロードのマンガを安く読める電子書籍サービスを紹介!

【オーバーロード】アルベド裏切りの意味深セリフを考察!くだらないの理由は?

【オーバーロード】アルベドの正体(真の姿)はガグ?作中の描写から考察

【オーバーロード】ラナーは最後に死亡する?クライムとの関係についても

【オーバーロード】シャルティアは死亡し復活した?視線の正体と最後の言葉についても

【オーバーロード】番外席次がかわいい!アインズの仲間になるか死亡するか予想

【オーバーロード】イビルアイの正体と素顔ネタバレ!最後は仲間になるか死亡する?

【オーバーロード】デミウルゴスの殺すなとただ一人を除いての意味をネタバレ解説!

【オーバーロード】アインズが死亡する?書籍11巻最後の言葉をネタバレ解説!

【オーバーロード】クライムは最後に死亡する?その後についてネタバレ!

【オーバーロード】ラキュースは強さは?中二病や死亡するかについても

【オーバーロード】ブレインは死亡する?その後復活するか考察!

【オーバーロード】アルベドの「たった一つのこと」の意味を考察!

【オーバーロード】クレマンティーヌは死亡後蘇生した?改心して聖女になるかどうかも

【オーバーロード】ジルクニフは死亡するかネタバレ!髪の毛がはげてかわいそうな理由も

【オーバーロード】デミウルゴスは裏切りそう?敵対の理由も解説

【オーバーロード】モモンの正体と素顔は?3期最終回でアインズと同時に登場した理由も

【オーバーロード】ツアレの子供はソリュシャンに食べられた?アニメ版から考察

【オーバーロード】ツアレを見たアインズが似ていると言った理由は?日記の詳細についても

【オーバーロード】アルシェは最後に死亡した?その後生存しているのか解説!

【オーバーロード】守護者全員死亡する?死亡キャラについても紹介

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント