オーバーロードイビルアイの正体と素顔ネタバレ!タレントや最後に死亡するかも

オーバーロード

オーバーロードに登場する冒険者チーム「蒼の薔薇」のメンバー「イビルアイ」

作中では実力者として描かれていますが、常に仮面をつけており謎が多いキャラクターです。

この記事ではそんなイビルアイの正体やタレントの詳細、気になる素顔について紹介していきます。

また、記事の最後ではモモンに恋してしまった彼女の行く末についても予想してみます。

以下、最新刊、外伝小説のネタバレを含みます。

オーバーロード|イビルアイの正体

国堕としの異名を持つ吸血鬼

まず結論ですが、イビルアイの正体はかつて一国を滅ぼしたとされる「国堕とし」と呼ばれた吸血鬼です。

元々は人間であり、「キーノ・ファスリス・インベルン」というのが本名でした。

(イビルアイは見た目は幼いままですが、吸血鬼のため250年は生きています。)

また「国堕とし」という異名は「国を滅ぼしアンデットで溢れかえる都市に変えた」という逸話からつけられています。

 

彼女が吸血鬼となり「国堕とし」と呼ばれるまでの経緯はBlu-rayの特典小説「亡国の吸血姫」にて説明されています。

この外伝は、本編が始まるおよそ200年前に主人公鈴木悟(モモンガ)が転移した場合のifストーリーになっています。

ゾンビだらけの街に一人残されたキーノがモモンガと出会い、共に行動するストーリーです。

(オーバーロード本編は「キーノがモモンガと出会わないルート」と言えますので、おそらく様々な困難を一人で乗り越え、その結果「イビルアイ」という強者になったのでしょう。)

吸血鬼になったのはタレントが原因

キーノ(イビルアイ)は元々「タレント(生まれながらの異能)」を所持しており、その能力は

「受けたり見たりした魔法を一つだけストックし、させることができる」

というものでした。

(一言で言えば「コピー能力」ですね。)

この力は「一つだけ」という制約はありますが、超位魔法や始祖の魔法といった強力な魔法も使用可能です。

このタレントを使って、

キーノが「キュアイーリム(外伝ラスボス)」の魔法「魂強奪」をコピーし、その影響で周りの人間の魂を吸い取るようになり「吸血鬼」になった

というのが経緯になります。

イビルアイがコピーした「魂強奪」を解除したり打ち消されたりすると「知性のないゾンビ」になってしまうため、常にこの魔法を発動させているようです。

イビルアイのコピーのストックは「一つだけ」なので、イビルアイのタレントはもう二度と使うことができないということになりますね。

イビルアイの素顔をネタバレ!

イビルアイは常に仮面で顔を隠していますが、その素顔はどうなっているのでしょうか?

以下より、気になるその素顔について紹介していきます。

仮面を取るとかわいい!

明らかになったイビルアイの素顔は「かわいい!」と話題になりました。

かわいらしい容姿をしていながら、仮面で素顔を隠しているのは「あまりにも幼い外見が恥ずかしい」という、これまたかわいらしい理由によるものです。

(読者的には、もはや仮面はずっと外していてほしいものですが…)

イビルアイ素顔のネットの声

イビルアイの素顔についてのネットの声は以下の通りです。

やはり「かわいい」という声一択ですね!

自分より強いモモンに惚れてからは「恋する乙女」のような言動が増えたことでよりかわいくなっています。

そしてさらに、アニメでは動きがついていたこともあってかわいさに拍車がかかっていたように思います。

読者からの人気も高く、再登場を期待されているキャラクターです!

イビルアイは最後に死亡する?

以下からは、イビルアイの今後についての個人的な(妄想に近い)予想になります。

(大雑把な二択で考えれば「仲間になって生きるか」「死亡するか」ですよね。)

まず、最新14巻でのイビルアイの動向からです。

モモンと別れたその後のイビルアイの動向

イビルアイはゲヘナ作戦完了後、モモンと別れます。

その後、書籍14巻ではアインズたちの王国侵略に対し、王国側の護衛として「蒼の薔薇」が協力する流れとなりイビルアイが登場。

「蒼の薔薇」リーダーのラキュースは真っ向から戦うつもりだったようですが、その他のメンバーはあまりの分の悪さから戦線離脱を考えます。

ラキュースをだまし討ちで奇襲し、精神操作で抵抗の意思を無くした上で、遠く南東へと転移していきました。

14巻時点では、イビルアイ含む「蒼の薔薇」メンバー全員が生存していることになります。

イビルアイが仲間になる展開は考えづらい

イビルアイはモモンに恋をしており、モモン(アインズ)とともに行動したいと考える節が見られます。

しかしながら、モモン(アインズ)自体がイビルアイに対しそこまで興味を持っている様子が見られません。

また、エントマから「イビルアイを殺す機会があれば呼んでほしい」と頼まれたとき、アインズはこれを了承しています。

そのため、イビルアイがモモン(アインズ)側の仲間になるような展開は考えづらいですね。

(アインズとモモンが同一人物だと気づくことなく、アインズの手にかかり死亡…という無慈悲な展開の方があり得るような気します。)

外伝は仲間になり結婚する展開のため、本編では死亡する?

また、「イビルアイがアインズの仲間になる」という展開は、上記で紹介した外伝小説「亡国の吸血姫」というIFルートで済んでしまっているんですよね。

(しかも、外伝では「仲間」どころか「結婚」にまで至っています。)

外伝小説は「イビルアイ」ではなく「キーノ」の物語なので厳密には違うのですが、「IFルートと同じような展開を本編で描くか?」と言われると可能性は低いと思ってます。

(外伝がハッピーエンドだったことを考えると、本編ではむしろバッドエンドになる可能性が高い気が…やはり死亡でしょうか?)

まとめ

オーバーロードに登場する「蒼の薔薇」のメンバー「イビルアイ」について紹介しました。

まとめると、

・イビルアイの正体は「国堕としと呼ばれた吸血鬼」であり、その経緯はBlu-ray特典の外伝小説「亡国の吸血姫」で説明されている

・イビルアイの素顔がかわいく、モモンに恋をしてからは一層かわいいと人気になった

・イビルアイは外伝でハッピーエンドの展開となったため、本編では逆に死亡等バッドエンドになる可能性がある

という感じですね!

「オーバーロード」の原作小説を読んでみたい方はこちらの記事がオススメです↓
オーバーロードの小説を安く読める電子書籍サービスを紹介!

また、「オーバーロード」のコミカライズ版を読んでみたい方はこちらもオススメです↓
オーバーロードのマンガを安く読める電子書籍サービスを紹介!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント