オーバーロードラキュースの強さは?中二病や死亡するかについても

オーバーロード

オーバーロードに登場する冒険者チームのリーダー「ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラ」。

通称「ラキュース」

「蒼の薔薇」というアダマンタイト級冒険者チームのリーダーを務めていますが、彼女の強さはどの程度のものなのでしょうか?

また、彼女が死亡するかどうかも含めて、以下より解説していきます。

以降、ネタバレを含みます。

オーバーロード|ラキュースの強さは?

ラキュースは作中において、「強キャラ」といえる要素を多く持っています。

以下よりその要素を紹介した上で、作中での強さについて考察してみます。

魔剣キリネイラムを持つ(が中二病になる)

ラキュースは十三英雄の「暗黒騎士」と呼ばれた者が所有した四大暗黒剣の一つ「魔剣キリネイラム」を所持しています。

漆黒の刀身は夜空の星のように輝いており、魔力を注ぎ込むことで無属性エネルギーの大爆発を起こすことが可能です。

この剣の存在がラキュースの戦闘能力を高めてくれていますが、その反作用によるものかこの剣を所持してからラキュースに「中二病」の性質が表れるようになります。

「暗黒刃超弩級衝撃波(ダークブレードメガインパクト)」は彼女が必死に考えた技名で、この技を使うときは技名を叫びます。(叫ぶ必要一切無し)

強いのは間違いないですが、このあたりは少し残念ですね。(だがそれがいい)

タレントを所持している

ラキュースは「タレント(生まれながらの異能)」を有していることが分かっています。

「タレント」とは、生まれた時から備わっている能力のことで、持って生まれてくる人間の割合は200人に1人程度です。

しかしながら、ラキュースの場合は未だにこのタレントの詳細が「不明」となっています。

戦闘能力に影響する能力なのかはまだ分かりませんが、選ばれた確かな才能を有していることが分かります。 

蘇生魔法を使える

ラキュースは第五位階の「蘇生魔法」を使えることができます。

この蘇生魔法を使えるものは作中にほぼいませんので、天性の才を持つ魔法詠唱者(マジック・キャスター)ということが分かります。

実際には、ゲヘナ作戦でヤルダバオトと交戦して死亡したガガーランとティアに対して蘇生魔法を使っています。

生命の蘇生としては全く問題ないのですが、蘇生された後はレベルダウンした状態になることが分かっています。

 

なお、作中でアインズによって殺されたガゼフの蘇生をランポッサⅢ世に頼まれた際、蘇生が行われなかったことに起こった国王から顔に傷を付けられたようです。

(蘇生に失敗したのか、そもそも蘇生を行わなかったのかは不明です。)

「死者の言葉は時に生者の言葉よりも強い力を持つからな」とイビルアイが言っていますので、あえて蘇生を行わなかった可能性が高いです。

(人間の中では)トップクラスの強さ

上記で紹介した通り、魔剣所持、タレント所有、蘇生魔法を扱えるラキュースは非常に有能な存在です。

また、戦闘がしっかりと描かれている所はありませんが、剣の実力も確かであることが分かっています。

そのため、作中において強キャラであることは間違いないのですが、それはあくまでも「人間の中では」という印象です。

 

ラキュースはweb小説版の情報を加えると、人間の中で実力者である「ガゼフ」「ブレイン」と張り合える程の実力を持っていることが分かります。

ですが、「ガゼフ」「ブレイン」の両名とも、「アインズ」や「シャルティア」といったナザリック勢には全く相手になっていません。

これらのことを考えると、ラキュースの実力はアインズを筆頭にナザリックの面々には到底及ばないと考えられます。

 

ということで、ラキュースの強さに関しては「人間の中で最強クラス」という評価が妥当かと思われます。

(作中全体での「強さランキング」をつけるとすると、残念ながら10位圏外でしょうね)

 

ちなみに、ラキュースは未だに発展途上で伸びしろがあるという評価はされていますので、今後作中でより強くなる可能性はあります。

ラキュースは最後に死亡する?

ラキュースは書籍14巻の状況では死亡しておらず、生きています。

現在の彼女の状況について説明し、最後のラキュースが死亡するかどうか予想してみたいと思います。

書籍14巻のラキュースの状況

書籍14巻ではアインズたちが王国へ侵略する展開が描かれます。

「蒼の薔薇」は王国側の護衛として協力することとなり、そこでラキュースも登場します。

ラキュースは勝算が薄いことを理解していながらも戦うつもりでしたが、そうは思っていないその他の「蒼の薔薇」メンバーは、戦況からの脱出を検討します。

メンバー全員でラキュースを奇襲し、精神操作で抵抗の意思を無くした上で「蒼の薔薇」全メンバー南東へと転移。

その後、ラキュース含む「蒼の薔薇」メンバーがどうしているかは不明です。

ラキュースは最後死亡する?

ラキュースは最後に死亡するのか、予想してみます。

個人的な結論として死亡する可能性は高い、と考えています。

理由としては、

作中の戦士系の強キャラは死亡することが多いからです。

(かなり安直ですね…すみません)

オーバーロードにおいて、名のある人間の戦士キャラクターはだいたい死亡しています。

例を上げると「ガゼフ」「ブレイン」の二人ですね。

例えばですが、

14巻でアインズ配下となったラナー王女のことを救出するために単独でナザリックに乗り込み、がっつり戦闘して(タレント等の伏線を回収した上で)死亡..

みたいな展開はありえるかな、と思っています。

まとめ

オーバーロードの冒険者チーム「蒼の薔薇」のリーダー、ラキュースについて紹介しました。

まとめると、

・ラキュースは強キャラ要素を多く持っており(人間の中では)トップクラスに強い。

・アインズを筆頭にナザリックの面々には実力は遠く及ばないことが予想される。

・ラキュースは死亡せず生存しているが、個人的な予想では死亡する可能性が高いと見ている。

という感じですね!

「オーバーロード」の原作小説を読んでみたい方はこちらの記事がオススメです↓
オーバーロードの小説を安く読める電子書籍サービスを紹介!

また、「オーバーロード」のコミカライズ版を読んでみたい方はこちらもオススメです↓
オーバーロードのマンガを安く読める電子書籍サービスを紹介!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント